20年9-11月決算、松竹に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 松竹、2021年2月期の業績予想を上方修正 「事故物件恐い間...

松竹、2021年2月期の業績予想を上方修正 「事故物件恐い間取り」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」興収20億超と大ヒット、『鬼滅の刃』も貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
松竹<9601>は、2021年2月通期の連結業績予想を上方修正した。「事故物件 恐い間取り」と「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の興行収入が好調だったことに加えて、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で映画館が高稼働で推移したことなどが主な要因としている。

売上高:517億5000万円(前回予想484億円)
営業損失:86億3000万円(同108億6000万円の損失計上)
経常損失:88億9000万円(同113億1000万円の損失計上)
最終損失:142億9000万円(同175億3000万円の損失計上)

 


配給作品の「事故物件 恐い間取り」と「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が興行収入20億円を超える大ヒットとなり、映画興行も第3四半期において「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の記録的なヒットにより想定以上の成績を上げた。

演劇事業でも、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底し、歌舞伎座をはじめ無事に興行が行われた結果改善を見た。また、映像関連事業と演劇事業が共同した舞台映画プロジェクト「滝沢歌舞伎 ZERO2020The Movie」も大ヒット上映中で高稼働している。

なお、同時に発表した第3四半期(2020年3月~11月)の決算は以下のとおり。

売上高:367億2300万円(前年同期比50.2%減)
営業損失:37億3200万円(前年同期38億4000万円の利益計上)
経常損失:41億円(同35億5700万円の利益計上)
最終損失:98億2700万円(同22億7500万円の利益計上)

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 松竹20年9-11月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事