20年10-12月決算、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー、第4四半期は営業利益291%増の111億円と大幅増...

ガンホー、第4四半期は営業利益291%増の111億円と大幅増益 『パズドラ』鬼滅の刃コラボ奏功 『Ragnarok X』と『Ragnarok Origin』も貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の第4四半期(2020年10-12月)の連結決算は、売上高は前年同期比61.3%増の312億1200万円、営業利益が同291.1%増の111億0700万円と大幅な増収増益を達成した。2020年11月のApp Annie indexの国内セールスランキングで、主力タイトル『パズル&ドラゴンズ』が5年半ぶりに首位を獲得するなど、この四半期は非常に好調だったことが伺えたが、売上・利益も大きく伸びたようだ。

『パズドラ』では、「鬼滅の刃」とのコラボを実施しており、決算説明でもアクティビティが活性化するなど「非常に良い状況」とコメントしていた。主人公の「竈門炭治郎」をはじめ、高い人気を誇るキャラクターがコラボガチャやコラボダンジョンに続々と登場するものだった。また10月には「パズドラ大感謝祭」を開催し、休眠ユーザーの復帰や新規ユーザーの流入がみられたという。

このほか、グループ会社であるGravityが韓国でリリースした『Ragnarok Origin』と、10月15日に繁体字圏でリリースした『Ragnarok X: NextGeneration』が業績に貢献したとのこと。『ラグナロクX』は、台湾のモバイルゲーム売上ランキングで2020年11月と12月に首位を獲得するなど好調な滑り出しを見せていた。

 


【関連記事】
20年11月の国内モバイルゲーム売上ランキング、『パズドラ』5年半ぶり首位! 『鬼滅の刃』コラボ奏功! 『原神』7位に App Annie調べ
20年12月の台湾モバイルゲーム売上ランキング、グラヴィティとバイトダンス『ラグナロクX』が2ヶ月連続の首位 AppAnnie調査

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年10-12月決算ガンホー・オンライン・エンターテイメント

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事