東京通信に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/5)】colyとアピリッツが4日ぶりに反...

【ゲーム株概況(3/5)】colyとアピリッツが4日ぶりに反発、国内証券が目標株価引き上げの任天堂はしっかり 東京通信は昨年12月の上場来の安値更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3月5日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比65.79円安の2万8864.32円で取引を終えた。米FRB(連邦準備理事会)でのパウエル議長の発言を受け、米国市場で長期金利が上昇したことで、一時下げ幅600円超に達する場面があったものの、日銀によるETF(上場投資信託)の購入への期待感から次第に下げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、coly<4175>が4日ぶりに大幅反発し、アピリッツ<4174>も同じく4日ぶりに反発するなど直近IPO2社は買い優勢となった。

また、イグニス<3689>が5日ぶりに反発したほか、サイバーエージェント<4751>やスクウェア・エニックスHD<9684>、任天堂<7974>などがしっかり。任天堂は、東海東京証券が投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を8万円から10万円に引き上げたことも市場心理にプラスに働いたようだ。

半面、ギークス<7060>や東京通信<7359>、NJHD<9421>などが安い。東京通信は昨年12月の上場来の安値を更新する形となった。

主力株では、ミクシィ<2121>やグリー<3632>、DeNA<2432>がさえない。


■関連記事
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 東京通信任天堂

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂 
決算期 3月
直近業績 売上高1兆3085億円、営業利益3523億円、経常利益3604億円、最終利益2586億円(2020年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事