21年1-3月決算、アカツキに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アカツキ、21年3月期は売上高3%減、営業益2%増に…主力タ...

アカツキ、21年3月期は売上高3%減、営業益2%増に…主力タイトル好調でゲーム事業は増収もライブエクスペリエンス事業の子会社売却が影響 

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
アカツキ<3932>は、4月28日、2021年3月期の連結決算を発表、ゲーム事業は前期比で増収となったものの、事業の選択と集中を進めたライブエクスペリエンス事業が減収となり、全体でも減収にとどまった。

なお、最終利益は特別損失として投資有価証券評価損11億6100万円を計上したことも影響している。

売上高310億9600万円(前々期比3.0%減)
営業利益112億9400万円(同2.2%増)
経常利益111億5200万円(同3.5%増)
最終利益63億4500万円(同4.2%減)
 

①ゲーム事業
新型コロナウイルス感染症の影響は見受けられず、より高いクオリティとユーザー体験にこだわり、タイトルを厳選して開発・運用していく方針の下、既存タイトルの堅実な運用と新規タイトルの開発に努めた。主力タイトルであるバンダイナムコエンターテインメントとの協業タイトル『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』は、LTV最大化を目指し、長期目線での安定運営を継続した結果、国内版は6周年イベントが盛況で好調に推移し、海外版は5周年イベントが期待を大きく上回り業績に貢献した。

また、スクウェア・エニックスとの協業タイトル『ロマンシング サガ リ・ユニバース』は、国内版では2周年イベントが好調に推移し、複数イベントにてストアセールスランキング1位を獲得した。櫻坂46・日向坂46応援[公式]音楽アプリ『UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)』は、2020年9月に1周年記念キャンペーンを実施し、ストアセールスランキング2位を獲得した。

新作は、HoneyWorks初のスマートフォン向け公式リズムゲームである『HoneyWorks Premium Live(ハニプレ)』を2020年11月にリリースし、300万ダウンロードを突破した。

ゲーム事業全体ではポートフォリオの積み上げにより前期比で増収となった。

②ライブエクスペリエンス事業
新型コロナウイルス感染症の影響により、「アソビル」は入場者数減少および一部休業となっている状況ではあるが、「バンクシー展 天才か反逆者か」を開催したほか、外部事業者へテナント貸出しを実施するなど柔軟な運営を行った。そのほか、子会社そとあそびの売却など、事業の選択と集中を進めた結果、前期比で損益が改善した。

■2022年3月期の見通し
ゲーム事業の短期的な事業環境が激しく変化する不確定要素が多いことに加え、IP事業についても積極的に挑戦していく方針であり、適正かつ合理的な数値の算出が非常に困難であるため、非開示としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算アカツキ

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 香田哲朗
決算期 3月
直近業績 売上高 320億48万円(対前期増減率13.9%)、営業利益110億円53百万円(同 △18.9%)、経常利益107億79百万円(同△20.2%)、当期純利益66億20百万円(同 △15.8%)(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3932

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事