アカツキに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アカツキ、直近の大ヒットタイトル(ウマ娘)が「運用中のタイト...

アカツキ、直近の大ヒットタイトル(ウマ娘)が「運用中のタイトルに与える影響は大きくない」 1~3月の営業益はYoYで31%減少

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
アカツキ<3932>は、2021年3月通期の決算説明会における質疑応答で、「直近で国内モバイル市場にて大きくヒットしている他社タイトル」の影響について、「運用しているタイトルについては大きな影響はない」とコメントした。Cygamesが2月24日にリリースして大ヒットしている『ウマ娘 プリティーダービー』の影響を尋ねたものと見られる。当サイトでも他社ではIPタイトルに影響があったとの情報を聞いているが、アカツキについては大きくはなかったという。

ただ、第4四半期(21年1~3月)の業績を見ると、売上高は前年同期比で13.4%減の74億1700万円、営業利益は同31.7%減の19億8400万円だった。特に営業利益が大きく低下したが、これは他社タイトルとは違った要因によるものとみているようだ。例年、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の周年で稼いでいた。

 


その一方で、ゲーム業界全体でみると、成熟した市場のなかでクオリティの高いタイトルがヒットし、市場シェアを獲得する構図となっていることから、自社の開発力・表現力を高めるための投資を継続し、本質的な創る力をつける重要性を再認識したとも述べた。

自社IPプロジェクト「TRIBE NINE」の開発においては、3D技術など次世代の表現技術への投資を進めているという。また、既存タイトルの大規模な運用体制で培ったノウハウを、新規タイトル開発にうまく活用していくことで、プラスの価値を生みだしたい、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アカツキ

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 香田哲朗
決算期 3月
直近業績 売上高 320億48万円(対前期増減率13.9%)、営業利益110億円53百万円(同 △18.9%)、経常利益107億79百万円(同△20.2%)、当期純利益66億20百万円(同 △15.8%)(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3932

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事