KONAMI、『プロ野球ドリームナイン』と『BBH2013』でコンテンツ連動を開始

コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、人気ソーシャルゲーム『プロ野球ドリームナイン』と、アミューズメント施設向けプロ野球ゲーム機『ベースボールヒーローズ2013(BBH2013)』との連動を開始した。

今回の連動では、『プロ野球ドリームナイン』のマイチームで育成したカード上の選手たちが、『BBH2013』にリアルなグラフィックで登場する。プレイヤーは、選手に一打席一打席、状況に応じた様々な指示を出すことができるほか、全国のプレーヤーとリアルタイムで、実際のペナントレースさながらの白熱した試合を楽しむことができる。

また、『プロ野球ドリームナイン』と『BBH2013』をプレーすることで、それぞれのゲーム内で使用できるアイテムが入手できる。

『プロ野球ドリームナイン』では、『BBH2013』をプレイするごとに1000エールPが入手できるほか、プレイ回数に応じて特典がもらえる。「スターガチャ券」(1回)や「回復薬」(3回、7回)、「ドリームパックグレートガチャ券」(5回)、「特殊能力解放魂」(10回)などとなっている。

 

■関連サイト

『プロ野球ドリームナイン』公式サイト

『ベースボールヒーローズ』公式サイト

『ベースボールヒーローズ』スペシャルサイト

株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る