enish、第2四半期は営業益7.18億円で着地 6月17日の上方修正からさらに1億円上ぶれ

enish<3667>は、本日(7月30日)、第2四半期累計(1~6月期)の単独決算を発表し、売上高31億4600万円、営業利益7億1800万円、経常利益7億1800万円、四半期純利益4億4200万円だった。6月17日に修正した計画を営業利益と経常利益で約1億円、四半期純利益で約7000万円上回った。

関連記事:enish、第2四半期の業績予想を上方修正…既存タイトルが想定上回り営業益予想を30%増額 

前年同期との比較がないため、第2四半期会計期間(4~6月期)をみると、売上高15億4700万円(前四半期比3.3%減)、営業利益3億0900万円(同24.4%減)、経常利益3億0900万円(同24.4%減)、四半期純利益1億9000万円(同24.6%減)だった。QonQでは減収・減益となった。       同社では、既存タイトルの安定した収益貢献を基盤としながら、5月には初の大型版権を採用した「魁!男塾」をリリースし、順調にユーザー数は拡大した、としている。また、スマートフォンの普及に伴い、既存タイトルのネイティブのアプリ対応に取り組み、今期中にネイティブのアプリ版として3タイトルをリリースする予定。さらに、ゲーミフィケーションを活用したキャラクターアイテムの提供やO to Oプロモーション活動も引き続き進めるという。 第2四半期会計期間では、QonQで減益となったが、これは主に「魁!男塾」や、第3四半期以降にリリースする予定のネイティブアプリ開発に関連する費用計上が行われたためとみられる。     ■2013年12月期の見通し 2013年12月期は、売上高67億円(前期比51.2%増)、営業利益8億2000万円(同23.1%増)、経常利益8億円(同22.3%増)、当期純利益4億5000万円(同20.5%増)を見込む。  
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高41億1800万円、営業損益3億3500万円の赤字、経常損益3億7500万円の赤字、最終損益4億1500万円の赤字(2022年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3667
企業データを見る