ケイブ、第1四半期が最終赤字に転落 競争激化などで売上高減少、新規アプリのリリース遅れで開発費先行

ケイブ<3760>は10月11日、2013年6~8月期(14年5月期第1四半期)の決算を発表した。利用環境の変化と競争激化で既存コンテンツの売上高が減少。開発中の新規ゲームアプリのリリースも見送った。開発費用が先行し、最終赤字に落ち込んだ。

売上高は4億4800万円(前年同期比32.1%減)、営業損益は6000万円の赤字(前年同期は1500万円の赤字)、経常損益は6000万円の赤字(同1400万円の黒字)、四半期純損益は5700万円の赤字(800万円の黒字)だった。
 


開発を進めていた新規ゲームアプリのリリースができなかったとしている。また、競争激化などからゲームアプリ1タイトルあたりの新規加入ユーザーの減少が続き、既存コンテンツの売上高は前年同期に比べて減った。利益面では、スマートフォン向け新規ゲームアプリにおける開発費用が先行したことなどで、営業損失を計上した。

ケイブの売上高は漸減傾向にあり、業績持ち直しには、スマートフォン向けの新規ヒットタイトルの登場が必要となりそうだ。
 



14年5月期通期の業績予想は、合理的な算定が困難として、開示を見送った。


■関連リンク
適時開示情報
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高14億900万円、営業損益8億1300万円の赤字、経常損益8億1200万円の赤字、最終損益9億3600万円の赤字(2022年5月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3760
企業データを見る