東映アニメとグリー、ONE-UP、『ゲゲゲの鬼太郎 全国妖怪大戦』を11月下旬より提供決定 事前登録の受付開始

東映アニメーション<4816>とグリー<3632>、ONE-UPは、本日(11月8日)、「GREE」で国民的人気妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」初のモバイルソーシャルゲーム『ゲゲゲの鬼太郎 全国妖怪大戦』を11月下旬より提供すると発表した。これに伴い、本日より事前登録を開始し、登録したユーザー全員に「目玉おやじ(特)」のスペシャルカードとゲーム内で使えるアイテムをプレゼントする。

「ゲゲゲの鬼太郎」は、水木しげるの代表作として知られる人気漫画で、それを原作としたテレビアニメは、日本のテレビアニメ史上最多のシリーズ5作が放映されている。主人公「鬼太郎」が人間を守るために悪い妖怪たちに日々立ち向かい、人間と妖怪が共存できる世界を目指すストーリーで、世代を超えて高い支持を得てきた。また、目玉おやじをはじめ、ネコ娘、ねずみ男、砂かけばばあ、子泣きじじい、一反もめん、ぬりかべといった個性の豊かな仲間も魅力だ。

ゲームでは、ユーザーは自分自身に力はないが、妖怪の力を引き出すことができる半妖として、日本のある地方に暮らしている。そこに、鬼太郎と目玉おやじから緊急の要請が入り、強大な妖魔の復活に備えて仲間を集めて腕を磨く旅に出る。

昔懐かしいシリーズから最新のものまで、おなじみの妖怪たちがカードになって登場し、ユーザーはそれらをクエストやバトルで強化して妖気を貯め、ユーザー同士の対抗戦などで腕を試すことができる。さらに、本作限定描き下ろしイラストも多数用意されている。

 



※製作協力:株式会社バンダイナムコゲームス


 

■関連サイト

『ゲゲゲの鬼太郎 全国妖怪大戦』事前登録サイト


 

(c)水木プロ・東映アニメーション developed by ONE-UP Inc.

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
株式会社ジー・モード
http://www.g-mode.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ジー・モード
設立
2006年6月
代表者
加藤 征一郎
決算期
12月
直近業績
非公開
上場区分
非上場
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る