【ゲーム株概況】クルーズ株の上昇続く…新作『モンスターエッグアイランド』は売上トップ20入り

4月15日の東京株式市場では、クルーズ<2138>の上昇が続いた。4月10日にリリースされたばかりの新作『モンスターエッグアイランド』が早くも売上ランキングトップ20位に浮上しており、収益貢献期待から買いが続いている。

『モンスターエッグアイランド』はまだiOS版のみのリリースだが、App Storeでの売上ランキングはすでに20位をつけるなど好調だ(関連記事)。クルーズの終値は前日比275円(5.8%)高の4990円だった。

期待の新作『Klee ~月ノ雫舞う街より~』をリリースした(関連記事)アエリア<3758>は、リリースが伝わると一時は21%高い2070円まで急騰。もっとも、リリース前から期待先行の買いが入っていたこともあり、すぐさま利益確定売りで伸び悩んだ。期待値は高いとはいえ、売上ランキングの推移など、実際の業績を見極めたいとの気分が勝ったのかもしれない。

一方、軟調さが目立つのはガンホー<3765>。前日に今年の最安値となる511円まで下落。目先の反発をにらんだ買いが午前中に入ったものの、勢いは続かず、終値は前日比3円安の518円。『パズル&ドラゴンズ』による急成長は織り込みが進み、ここから買い上がるには新しい成長材料が必要とする見方が多い。

DeNA<2432>も4月11日に今年の最安値である1600円をつけて以降、株価の戻りが鈍い。こちらも、新しい成長材料待ちとする見方が多いようだ。


以下、15日の主なゲーム企業の株価と騰落(単位は円)。
銘柄名 証券コード 終値 前日比 前日比率
クルーズ 2138 4,990 275 5.83%
ガーラ 4777 172 6 3.61%
ボルテージ 3639 1,445 45 3.21%
アエリア 3758 1,750 46 2.70%
ミクシィ 2121 5,610 140 2.56%
アクセルマーク 3624 655 15 2.34%
日本一ソフトウェア 3851 681 13 1.95%
カプコン 9697 1,715 5 0.29%
セガサミーHD 6460 2,102 -5 -0.24%
コナミ 9766 2,225 -6 -0.27%
モブキャスト 3664 750 -2 -0.27%
サイバーエージェント 4751 3,605 -10 -0.28%
日本ファルコム 3723 837 -3 -0.36%
ディー・エヌ・エー 2432 1,635 -7 -0.43%
グリー 3632 1,001 -5 -0.50%
GMOインターネット 9449 851 -5 -0.58%
ガンホー 3765 518 -3 -0.58%
ドリコム 3793 2,494 -19 -0.76%
コーエーテクモHD 3635 1,212 -12 -0.98%
ネクソン 3659 794 -9 -1.12%
オルトプラス 3672 1,482 -21 -1.40%
エイチーム 3662 4,660 -75 -1.58%
任天堂 7974 10,875 -175 -1.58%
コロプラ 3668 2,481 -41 -1.63%
バンダイナムコHD 7832 2,088 -62 -2.88%
マーベラスAQL 7844 655 -22 -3.25%
スクウェア・エニックスHD 9684 1,728 -61 -3.41%
KLab 3656 545 -28 -4.89%
ケイブ 3760 1,710 -90 -5.00%
enish 3667 1,639 -92 -5.31%
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高215億4200万円、営業利益8億3900万円、経常利益8億3500万円、最終利益5億8600万円(2021年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3758
企業データを見る
クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
​売上高154億7700万円、営業利益12億3800万、経常利益12億9200万円、最終利益3億1000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2138
企業データを見る