ネクソン、第1四半期は増収増益…アジアで既存タイトル好調、モバイルゲームも前四半期比で増収に

ネクソン<3659>は5月13日、2014年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算を発表した。売上高にあたる売上収益は前年同期比7%増の474億円、営業利益は2%増の211億円、税引前利益は4%減の217億円、純利益は6%増の163億円だった。

韓国・中国において既存ゲームタイトルが好調に推移。円安やコスト抑制もプラスに働き、売上・利益ともに会社計画の上限を上回った。モバイルゲーム事業の売上高は71億円と、前年同期比では4%減だが、前四半期(昨年10~12月)比では7%増えた。
 
 

 
以下、同社のモバイルゲーム事業の売上高について、業績推移をグラフ化した。日本向けは漸減傾向が続いている一方、全体の売上は持ち直している。海外向けのモバイルゲームが売上増加に寄与したものと思われる。
 



以下、地域別の概況となる。

中国の売上収益は213億円と、前年同期比 4%増(為替レートを一定とした場合は同8%減)となった。『アラド戦記』の売上収益は、旧正月における大型アップデートが奏功し、会社予想の上限から上振れした。
 
韓国の売上収益は153億円と、前年同期比44%増(為替レートを一定とした場合は同28%増)だった。『FIFA オンライン3』はアップデートとモバイル版が寄与し、好調。既存のPCオンラインゲームに加え、モバイル向けタイトルが売上をけん引した。

gloopsやインブルーを含む日本の売上収益は81億円と、前年同期比18%減だった。PCオンラインゲーム事業、モバイルゲーム事業がいずれも前年同期比で減少した。前四半期と比べると2%減。

北米における売上収益は13億円と、前年同期比で5%減(為替レートを一定とした場合は同15%減)だった。欧州及びその他地域の売上収益は15 億円(前年同期比 27%減、為替レートを一定とした場合は同 36%減)だった。


ネクソンは、第2四半期業績の予想範囲も公開。範囲の上限でも、前年同期比で減収減益となる慎重な見通しだ。モバイルゲーム事業については増収を計画している。


■第2四半期(3か月間)の業績見通し
 

 

■第2四半期累計(6か月間)の業績見通し
 
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る