グリー、アジア太平洋地域でホテル直前予約を手がけるHotel Quickly社にリードインベスターとしてシリーズA-1投資を実施。ホテル直前予約専用アプリ『Tonight』との連携を強化



グリー<3632>は、スマートフォンにおけるホテル直前予約専用アプリ『Tonight』(関連記事)の事業拡大及びサービス強化を目的として、アジア太平洋(APAC)地域において、同じくスマートフォンでのホテル直前予約を手掛けるHotel Quickly Ltd.(本社:香港、CEO:Tomas Laboutka、以下「HQ」)による450万ドル規模のシリーズA-1投資のリードインベスターとして出資したことを発表した。

タイの大手ホテル関連企業Minor International(マイナー・インターナショナル)の代表取締役社長兼会長を務める有力起業家William E. Heinecke(ウィリアム・E・ハイニッキー)も個人投資家として出資している。

現在HQは、おもにシンガポール、香港、タイ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド向けに、ホテル直前予約アプリ『HotelQuickly』を提供しており、アジア太平洋(APAC)地域の直前予約サービス市場においてナンバーワンのポジションを獲得している。

今回の資金調達でHQは、開発、マーケティング、採用を加速し、アジア太平洋(APAC)地域における事業強化を目指すとのこと。出資を機に、グリーとHQはお互いのノウハウの共有や人材交流などを通じて、『Tonight』『HotelQuickly』両アプリの機能やサービス内容を充実させ、より多くのユーザーが便利で簡単に利用できるサービスの提供とさらなる成長を目指すという。
 
 


■グリー取締役:荒木英士のコメント
HQはここ1年で急速に事業を拡大しており、100以上の地域に3,000以上の提携ホテルを擁し、アジア太平洋(APAC)地域においてホテル直前予約でナンバーワンのポジションを確立しています。今回出資という形でHQの世界トップクラスのチームと連携し、業界における取り組みを加速させられるすばらしい機会を得ることができました。両社はモバイルファーストを事業の中心に据えており、一緒にどこまで成長できるか楽しみにしています。

■Minor International代表取締役社長兼会長:William E. Heineckeのコメント
オンライン予約サービスにおいて、PCからモバイルへのシフトが進んでいるなか、アジア太平洋(APAC)地域において、HQには大きな成長機会があると思います。私は彼らの将来を信じており、グリーとともに今回の取り組みを支援できることをうれしく思います。

■HQ CEO:Tomas Laboutkaのコメント
グリーとWilliam E. Heineckeが私たちに投資してくれたことを大変光栄に思います。私たちは、彼らの経験から多くを学ぶことができますし、今回の出資によりさらに成長を加速できると考えています。今後、アジア太平洋(APAC)地域において、グリーと共に、私たちが提供するホテル直前予約アプリ『HotelQuickly』がオンライン予約サービス市場の変革をリードしていけることをうれしく思います。


■『Tonight』
 

Google Play

App Store




(c)Tonight
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3632
企業データを見る