オルトプラス株がS高まで上昇…バンダイナムコの新作ゲーム『アイドルマスター SideM』の運営・開発を担当で

7月22日の東京株式市場でオルトプラス<3672>に買いが集まり、前日比15%高の1437円まで上昇。その後も買いが殺到し、午後の取引では取引制限値幅の上限(ストップ高)である前日比300円(24%)高の1551円で値がつかない状況となっている。きょう午前に、バンダイナムコゲームスの新作ゲーム『アイドルマスター SideM』の運営・開発を担当していると明らかにしたこと(関連記事)が材料視されている。

オルトプラスは7月22日午前、バンダイナムコゲームスがMobageで提供する男性アイドル育成カードゲーム『アイドルマスター SideM』の運営・開発を開始したと発表。直後に買いが膨らみ、午前の取引終了にかけて急速に株価が上昇。午後も買い注文が集まっている。

『アイドルマスター SideM』は、医者・フリーター・自衛官など、様々な職業から理由(ワケ)あってアイドルを目指すことにした男性アイドルたちが、「315(サイコー!)」プロ ダクションに所属して夢を叶えていくゲームだ。
 

バンダイナムコとサイバーエージェント<4751>傘下のCygamesが共同で提供する『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、Mobageの総合ランキングでトップ3常連の人気タイトル。同じ「アイドルマスター」シリーズの本作の運営を担当したことで、オルトプラスの収益に寄与するとの期待感が高まった。

『アイドルマスター SideM』は今年2月28日、Mobageでスマートフォン版を配信開始。直後から緊急メンテナンスに入り、3月31日には大規模な改修が必要であるとして 今夏にサービス再開時期を延期するとを発表していた。7月7日にスマートフォン版の事前登録を再開、7月17日からユーザー数を制限してサービスを開始している。サービス安定化のため、当初担当していた運営・開発会社からオルトプラスに変更されたとの見方が、株式市場や業界関係者から聞かれた。
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る