KLab、第2四半期は営業益6.96億円と黒字転換に成功 『ラブライブ!』は第2期効果で毎月過去最高を更新【追記】

KLab<3656>は、本日(8月12日)、第2四半期(1~6月期)の連結決算を発表し、売上高95億8500万円(前年同期比34.6%増)、営業利益6億9600万円(前年同期8億8000万円の赤字)、経常利益7億円(同7億2700万円の赤字)、四半期純利益5億4100万円(同5億9700万円の赤字)だった。

 


同社では、増収増益になった要因として、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」は、アニメ2期の放映効果もあり、売り上げが伸び、毎月過去最高を更新したことに加え、海外版も好調な出足を記録した、としている。新規リリースした「天空のクラフトフリート」と「テイルズオブアスタリア」も売上が堅調に推移したという。

さらに費用削減効果も利益を押し上げた。第1四半期で実施した人員整理の結果、人件費を第1四半期比で8200万円削減したほか、米国子会社もオリジナルタイトル「Crystal Casters」の不振を受けて現地社員を削減。またオフィスも、昨年度末に本社オフィスの1フロアの返却を決定し、第2四半期でも本社オフィスの残る2フロアのうち1フロアの返却を決定した。



■第3四半期の業績見通し

第3四半期累計(1~9月期)は、売上高155億8500万円(前年同期比43.1%増)、営業利益12億9600万円(前年同期10億7800万円の赤字)、経常利益12億9300万円(同8億5000万円の赤字)、四半期純利益10億3200万円(同7億7000万円の赤字)を見込む。

 


【追記】

四半期ベースでみると、第2四半期(4~6月期)は、売上高51億6000万円(前四半期比16.6%増)、営業利益6億円(同525.0%増)、経常利益5億9400万円(同460.4%増)、四半期純利益5億円(同880.4%増)だった。

続く第3四半期(7~9月期)は、売上高60億円(前四半期比16.3%増)、営業利益6億円(同変わらず)、経常利益5億9300万円(同0.2%減)、四半期純利益4億8100万円(同3.8%減)と前四半期比では増収で利益はほぼ横ばいとなる見通し。

 
【KLabの四半期売上高・営業利益の推移(単位:億円)】
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る