【ゲーム株概況(10/8)】KLabが後場に入って切り返す 『ラブライブ!スクフェス』のユーザー数が500万人突破で



東京株式市場では、ゲーム関連株は高安マチマチ。世界経済への懸念から日経平均が続落となったことを受けて、朝方は売り優勢の展開となったものの、ミクシィ<2121>や、コロプラ<3668>、KLab<3656>、サイバーエージェント<4751>などに下値買いが入ったことにより、スマホゲーム関連の一角が物色対象になったようだ。他方、前日買われたクルーズ<2138>やグリー<3632>はこの日は利益確定の売りに押された模様。

個別では、KLabは前場は軟調だったものの、後場に入って切り返した。前日比51円高の1547円で取引を終えた。同社とブシロードは、この日の前引け後、スマートフォン向けゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』のユーザー数が500万人を突破したと発表しており、これが手がかり材料視された模様だ。新規カードの追加などキャンペーンによる業績の伸びも期待される。

【関連記事】
ブシロードとKLabの『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』がユーザー数500万人突破! わずか2ヵ月弱で100万上乗せ。ラブカストーン計7個贈呈など豪華CPも開催

またミクシィもしっかり。前日終値近辺で推移していたが、KLabの切り返しに伴い、連れ高となる格好で上がっていった模様だ。『モンスターストライク』が売上ランキングで2位をキープし、たびたび首位を獲得してきたことも改めて見直されたものとみられる。同じくスマートフォンゲーム関連の一角としてコロプラ、サイバーエージェントも高い。

 
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る