ボルテージ、東証1部もしくは2部に市場変更-公募増資で9億円の資金調達

ボルテージ<3639>は、6月9日をもって、東証マザーズから東証1部もしくは東証2部に市場変更を行うと発表した。これに伴い、50万株の公募増資と、10万株の売出、9万株のオーバーアロットメントによる売出を行うとのこと。 公募増資で調達する手取概算額約9億0800万円については、運転資金としてレイト層(携帯電話コンテンツの利用度が低いユーザー層)への広告費に7億円、海外展開に向けたコンテンツ制作費・広告費・運営費に6400万円、残額を2012年6月期と2013年6月期におけるスマートフォン端末向けコンテンツ制作費に充当する、としている。 なお、同社では、今後の戦略として、「恋人ゲーム」シリーズと「恋も!仕事も!」シリーズに経営資源を集中し、コンテンツの付加価値を高めると同時に、収益源の多様化を図ることを戦略としているとのこと。 具体的に取り組む施策として、 (1) ソーシャルアプリは、「ドラマ × ソーシャル要素」を方針として、より収益性の高いゲーム構造に進化させていく (2) 公式サイトは、「テレビCM × 高顧客単価」を方針として、テレビCM を定常的に出稿し、これまでリーチできなかったレイト層(注4)を獲得すると同時に、獲得した顧客のコンテンツ利用総額を高める (3) スマートフォン向けコンテンツは、「多面展開 → 集中・本格化」を方針として、平成23年6月期上期には、「恋人ゲーム」シリーズに加え電子書籍も展開していたものを、今後は「恋も!仕事も!」シリーズ及び海外向けコンテンツの拡張とともに、既存の公式サイト及びソーシャルアプリのスマートフォン対応を行う このほか、市場変更記念配当として、期末配当18円に加えて、記念配当5円を実施する、としている。年間配当予想は、1株あたり33円から38円に引き上げられる。
株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高69億200万円、営業利益1億5900万円、経常利益1億7700万円、最終利益1億6300万円(2021年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3639
企業データを見る