アエリア、シミュレーションRPG『鍛冶屋とドラゴン』を12月12日でサービス終了



アエリア<3758>は、2014年12月12日15時をもって、スマートフォン向けものづくりRPG『鍛冶屋とドラゴン』のサービス提供を終了すると公式サイト上で明らかにした。

本作は、かわいくて不思議な世界にたたずむ村が舞台の本格シミュレーションRPG。村の平和を守るため、鍛冶屋になって素材を集め、武器や防具などの装備を作り、作った装備で様々なダンジョンに潜むドラゴンを倒すことがプレイヤーの目的。他のプレイヤーの村を訪れフレンドになることで、一緒に冒険に出かけることができるなど、コミュニケーション要素も充実している。

なお、今後のスケジュールは、サービス終了に先立ち、2014年11月21日(金)15:00をもって、ダウンロード・課金停止を行うという。


■関連サイト

公式サイト
 
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高257億円、営業利益3億6400万円、経常利益4億1100万円、最終損益45億2100万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3758
企業データを見る