バンダイナムコ、カタログIPオープン化プロジェクトの企画受付を開始…法人向けは「スマホ向けアプリ」「ブラウザゲーム」などを募集

バンダイナムコエンターテインメントは、4月24日、『カタログIPオープン化プロジェクト』の詳細を公開し、企画受付を開始した。

本プロジェクトは、『パックマン』や『ギャラクアン』など17タイトルのIPを日本国内のクリエイター限定で簡単な審査で解放し、幅広い発想でスマートフォンアプリなどのデジタルコンテンツに活用してもらいたいという企画。

対象タイトルに登場するキャラクター、音楽、ストーリー、設定などを二次創作でき、日本国内での配信が可能となっている。

企画の受付は2016年3月末までの1年間限定。作品公開は2020年3月末までを予定している。


■法人向けは「スマートフォン向けアプリ」「ブラウザゲーム」などを募集

法人向けには、スマートフォンアプリおよびブラウザゲームや新規ネットワークデバイス分野への事業展開アイデアなどの申請を募集する。4月24日より公式ホームページ()にてクリエイター登録並びに企画募集を開始しており、通過企画は5月下旬より順次公開が可能という。

なお、有料コンテンツの場合は、所定の収益分配をバンダイナムコ側に支払う必要がある。無料コンテンツの場合は、指定の広告配信ツールを導入の上、広告収益を分配する。


■個人向けは「niconico」のクリエイター奨励プログラムのみ

個人向けの対応としては、まず動画投稿に関しては「niconico」のクリエイター奨励プログラム」でのゲーム実況等の動画投稿で実施する。(関連記事)

個人向けのスマートフォンアプリ、ブラウザゲームやネットワークデバイス分野での事業展開アイデアの申請などは、別途準備中の「公認クリエイター制度」の準備が整い次第受付が開始される予定。


■『ニコニコ超会議』でカタログIPタイトルを体験!?

同社は、4月25日と4月26日に幕張メッセにて開催される『ニコニコ超会議 2015』での出展内容を特設サイト(http://nicocho.bn-ent.net/)で公開している。

1.カタログIPタイトル試遊


・ネオゲーム喫茶 876(ばんなむ)でカタログIPオープン化を体感!

HALL3のバンダイナムコエンターテインメントブースでは、バンダイ・ナムコ統合10周年を記念して企画されている「カタログIPオープン化プロジェクト」(http://open.channel.or.jp/)をテーマに、各種展示やニコニコ生放送を実施。ネオゲーム喫茶 876として展開する。

雇われ店長として働くドグマ風見の元に、超豪華ゲストが続々と訪れて繰り広げられるニコニコ生放送をはじめ、「カタログ IP オープン化」でどんな楽しいことがおこるのか、どんなことができるようになるのか体感できる、試遊や参加型企画が目白押し。


●出演予定ゲスト

ドグマ風見/最終兵器俺達フジ/せらみかる/百花繚乱/めろちん/牛沢/まお/湯毛/ふぁんきぃ/ヒラノ課長/蛇足/M.S.SProject/岸田メルほか

●ニコニコ生放送視聴ページ

4月25日 http://live.nicovideo.jp/watch/lv217920077

4月26日 http://live.nicovideo.jp/watch/lv217920294

2.公認クリエイター候補生ゲーム試遊


公認クリエイター候補生が制作したゲームを体験できる。

スマホアプリ…「人狼~牢獄の悪夢~876エディション」
PC自作ゲーム…「アクション パックマン」、「パック臭-つぐのひ異譚・裏-」

■1.2.のいずれかを試遊した方に抽選で特製Tシャツをプレゼント

特典1:試遊してくれた方にくじびきで当たる! カタログ IP オールスターTシャツ

特典2:筆記テストに参加していただいた方にくじびきで当たる! 映画 『ピクセル』 試写会ご招待券

特典3 描いてみた&筆記テストに参加していただいた方全員にプレゼント! 映画 『ピクセル』 ポストカード


■関連リンク
 

カタログIPオープン化プロジェクト

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る