セガサミーHD、15年3月期は減収減益、112億円の最終赤字に…今期は3事業グループに再編、エンタテインメントコンテンツ事業中心に収益性の改善見込む

セガサミーホールディングス<6460>は、5月11日、2015年3月期の連結決算を発表、売上高は3549億2100万円(前々期比6.1%減)、営業利益176億900万円(同54.3%減)、経常利益169億9300万円(同58.1%減)、当期純損益112億5800万円の赤字(前々期実績307億2100万円の黒字)となった。なお、当期純損失は、減損損失や解体費用引当金繰入額、映画自主製作中止に伴う損失、早期割増退職金などの特別損失を159億2400万円計上したことに加えて、繰延税金資産の一部を取崩して法人税等調整額に計上したことで、最終的に大幅な赤字での着地となっている。
 

セグメント別の概況は以下の通り。

①コンシューマ事業…売上高1117億5700万円(前々期比11.2%増)、営業利益40億3300万円(同93.1%増)
パッケージゲーム分野は、『Alien: Isolation』『龍が如く0 誓いの場所』などの新作タイトルの販売を行い、パッケージ販売本数は、米国495万本、欧州520万本、日本214万本、合計1,230万本となり前期実績を上回ったものの、厳しい市場環境を受けて低調に推移した。

一方で、携帯電話・スマートフォン・PCダウンロードなどのデジタルゲーム分野は、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』や、『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル ~絆の新大陸~』などの主力タイトルのほか、『アンジュ・ヴィエルジュ ~第2風紀委員 ガールズバトル~』『サカつくシュート!』などの既存タイトルが好調に推移した。また、携帯電話・PC向けパチンコ・パチスロゲームサイトは、スマートフォン対応版『777TOWN』並びにDeNA向け『モバ7』の取り組みを強化した。

なお、デジタルゲーム分野における国内配信タイトル数は2015年3月末時点で117本(うち、売切り型65本、無料プレイ型52本)となった。

玩具販売事業は、『アンパンマンシリーズ』及び『ジュエルポッドシリーズ』などを中心に販売を実施したものの、玩具販売事業全体は低調に推移した。アニメーション映像事業は、劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手』の配給収入や、TVシリーズ『弱虫ペダル』のライセンス収入、物販収入などが堅調に推移した。
 

②遊技機事業…売上高1492億2400万円(同18.0%減)、営業利益は257億9600万円(同43.0%減)
パチスロ遊技機は、サミーブランド『パチスロ蒼天の拳2』や『パチスロ アラジンAⅡ』などを販売したものの、新タイトルの投入数が前期比で減少したことから、前期実績を下回る20万7000台の販売となった。

パチンコ遊技機は、主力タイトルであるサミーブランド『ぱちんこCR北斗の拳6』シリーズや『パチンコCR化物語』などの販売が堅調に推移した結果、前期実績を上回る24万2000台の販売となった。

③アミューズメント機器事業…売上高454億8000万円(同3.7%増)、営業損益25億3600万円の赤字(前年同期12億6400万円の赤字)
StarHorse3 Season Ⅲ CHASE THE WIND』におけるCVTキット等の販売、『WORLD CLUB Champion Football』『戦国大戦』におけるCVTキットやカード等の消耗品の販売、『ボーダーブレイク』シリーズ、『Wonderland Wars』などのレベニューシェアタイトルによる配分収益が計上されたが、一部の棚卸資産について簿価切下げを行った。

④アミューズメント施設事業…売上高は414億3200万円(同4.2%減)、営業損益9億4600万円の赤字(同6000万円の黒字)
既存店舗の運営力強化を行い、国内既存店舗の売上高は、前期比100.1%となったが、消費税率引き上げによる売上高減少の影響を受けた。期末の国内店舗数は、6店舗の出店及び6店舗の閉店を行い、198店舗に。

■16年3月期は遊技機事業、エンタテインメントコンテンツ事業、リゾート事業の3事業グループに再編
なお、2016年3月期は、グループ内組織再編に伴い、パチンコ・パチスロ遊技機の開発・製造・販売を行う「遊技機事業」、スマートフォンやPCオンラインなどのデジタルゲームを中心とした「エンタテインメントコンテンツ事業」、リゾート施設やテーマパークの開発・運営、さらには海外における統合型リゾートの開発・運営などの取り組みを行う「リゾート事業」の3事業グループに再編。構造改革の取り組みとして、不採算事業、赤字事業の縮小・撤退などの合理化を進めることで、エンタテインメントコンテンツ事業を中心に、収益性の改善を見込むとしている。

2016年3月期連結業績予想は、売上高は4200億円(前期比18.3%増)、営業利益250億円(同42.0%増)、経常利益250億円(同47.1%増)、当期純利益190億円(前期112億58百万円の赤字)の見込み。
 

 
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高3209億4900万円、営業利益320億4200万円、経常利益333億4400万円、最終利益370億2700万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6460
企業データを見る