コーエーテクモ、『DEAD OR ALIVE FESTIVAL』で「マリー・ローズ」コラボコスチュームなど来場者限定特典が公開に


コーエーテクモゲームスは、8月1日(土)に大崎ブライトコアホールで開催を予定しているファン感謝イベント『DEAD OR ALIVE FESTIVAL』において、来場者に配布する来場者限定特典の情報を公開した。また、メインプログラムとなる「DEAD OR ALIVE 5 Last Round World Exhibition Match」のルール詳細も公開された。

■『DEAD OR ALIVE FESTIVAL』来場者限定特典

「マリー・ローズ」コラボコスチュームは、国内最大級ゲームトーナメントとのコラボレーションによって生まれたオリジナルコスチューム。デザイン詳細、国内最大級ゲームトーナメントとのコラボレーション内容の発表は来場してのお楽しみ。

マフラータオルは、「DEAD OR ALIVE 5」シリーズのキャッチコピー「I'm a Fighter」ロゴをメインに「Team NINJA」ロゴを添えたデザインとなり、会場を熱く盛り上げる応援グッズとしても使える。また、ネックストラップは「DEAD OR ALIVE FESTIVAL」入場パスの装着に利用できるほか、記念品として持ち帰りが可能となっている。すべて本イベントでの限定配布品となる。

① 「マリー・ローズ」コラボコスチュームのダウンロードシリアル(PlayStation 4版『DEAD OR ALIVE Last Round』用)
配信予定日:2015年8月1日(土)
対応機種:PlayStation 4
価格:無料

※イベント閉会時に配布します。
※数に限りがありますので、なくなり次第配布を終了します。予めご了承ください。
※ 画像は制作途中のものです。デザインは変更になる可能性があります。

②「I'm a Fighter」マフラータオル

※イベント入場時に配布します。
※数に限りがありますので、なくなり次第配布を終了します。予めご了承ください。

③「DEAD OR ALIVE FESTIVAL」ネックストラップ

※イベント入場時に配布します。
※数に限りがありますので、なくなり次第配布を終了します。予めご了承ください。

■「DEAD OR ALIVE 5 Last Round World Exhibition Match」ルール詳細

シングル・エリミネーションによる勝抜き戦となる「DEAD OR ALIVE 5 Last Round World Exhibition Match」だが、本戦出場者枠の増加に伴い「最終予選 in Tokyo」から勝ち上がるチャンスが広がっている。詳しくは公式HP(http://www.gamecity.ne.jp/doa5/lastround/doa_festival.html)をご覧いただきたい。

また、イベント公認デバイスとしてBenQ製ゲーミングモニター『RL2460HT』、HORI製アーケードスティック「リアルアーケードPro.隼」シリーズが採用された。
 

 
 
■関連リンク


 

公式サイト

株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る