ネクソン『メイプルストーリーポケット』が台湾でも人気に App Store売上ランキングで3位、Google Playでは4位に

ネクソン<3659>が8月初旬にリリースした新作スマートフォンアプリ『メイプルストーリーポケット(現地タイトル:口袋楓之谷)』の繁体字版が台湾や香港などで好評のようだ。とりわけ台湾ではApp Store売上ランキングで3位、Google Playでも4位にランクインしている(8月17日12時現在)。

本作は、全世界95カ国でプレイされている無料オンラインRPG『メイプルストーリー』のスマートフォンアプリ版ということもあり、繁体字圏でも人気となっているようだ。ゲームは、世界観・システムをそのままにスマホで大冒険を楽しむことができるほか、本作だけでしか見られないオリジナルストーリーなども多数追加しているという。

日本では、人気の家庭用ゲームソフトのスマートフォン版が一定の人気を博しているが、PCオンラインゲームの盛んな地域では、『奇蹟MU-王者歸來』が人気を博しているように、PCオンラインゲームのスマートフォン版へのニーズが強いのかもしれない。今後、トップ争いに加わってくるのか注目される。

【関連記事】
Kimi Entertainmentのスマホ向けMMORPG『奇蹟MU-王者歸來』が台湾App StoreとGoogle Play売上ランキングで首位獲得…一世を風靡したPCオンラインゲームがスマホゲーム化


なお、現地では、Joymobee Entertainment Companyが運営を担当している。Joymobeeは、Gamania Digital Entertainment傘下のスマートフォンゲーム専門運営チームで、エイチームの『ダービーインパクト』や、アソビズム『ドラゴンリーグX/A』など日本製のスマートフォンアプリの台湾・香港・マカオでのサービス提供も行っている。

 

 
 
▲台湾Google Playでの売上ランキングの推移。App Storeの方は表示不可能となっていたため、Google Playのみ。

出所:AppAnnie


 
■関連サイト
 

Google Play

App Store




© Joymobee Entertainment Co., Ltd.
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益3537億1400万円、営業利益1036億9600万円、最終利益1003億3900万円(2022年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る