メディア工房、『BOOST BEAST』『みどりのほし』が累計230万DL突破 両タイトルの8割以上が海外ユーザーと急伸長

メディア工房<3815>は、ゲームブランドOBOKAIDEMにおいて、第1弾タイトルの新感覚ドバドバ系パズルゲーム『BOOST BEAST』と、第2弾タイトルの放置系エコゲーム『みどりのほし』が両タイトル累計230万ダウンロードを突破したと発表した。
 
 
▲『みどりのほし』『BOOST BEAST』

第1弾タイトルの配信開始から半年足らずでこうした成果に至った背景にあるのは、日本だけでなく海外においても両タイトルを支持しているユーザーの存在があるという。9月末からFacebook Gamesにて大フィーチャーされた『BOOST BEAST』は、南米・北米・欧州からのダウンロードを中心として、直近1ヵ月でユーザー数が20%以上伸長。『みどりのほし』は、世界累計165万ダウンロードのうち、約90%のユーザーが日本国外にて楽しまれており、直近1ヵ月の新規ユーザーの半数は、中国と米国からのものだったという。

両タイトルの急速な成長によって、世界中のユーザーから寄せられる問い合わせに応じるカスタマー体制、リアルタイムでの翻訳体制のほか、地域性やユーザーの志向に合わせた課金・広告ハイブリッド型の収益構造を構築することに成功しているとのこと。

この結果、ゲームクオリティ、サービス、収益面についても将来的な改善が見込めることから、安定的かつスピーディーに世界中のユーザーに魅力的な新タイトルを続けて発表できる環境も整い、2016年春までに少なくとも4タイトルのリリースを計画。

■『PICK-XELL』
http://www.obokaidem.com/jp/pick-xell/
画面の左右をタップするだけシンプル穴掘りアクションドット画と8bit音がレトロな雰囲気


■『Bermuda treasure』
http://www.obokaidem.com/jp/bermuda-treasure/
海賊の財宝をクレーンで引き上げる滑らか操作が癖になる新感覚クレーンアクションゲーム


■『ワールドクライシス201X』 (ワーキングタイトル)
http://www.obokaidem.com/jp/ 2016/sp.html
モンスターが奪った絵本の世界を水鉄砲で取り戻せ! お子様も楽しめるシューティング


■『Lady Diamond』
http://www.obokaidem.com/jp/lady-diamond/
宝石を盗み出せ! 敵の動きと監視の目をかいくぐるステルス型パズルゲーム


 
■『みどりのほし』
 

Google Play



■『BOOST BEAST』
 

App Store

Google Play



© OBOKAIDEM
© OBOKAIDEM © Glasshead
© OBOKAIDEM © KEYROUTE
© OBOKAIDEM © PUMO
株式会社メディア工房
https://www.mkb.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社メディア工房
設立
1997年10月
代表者
代表取締役社長 長沢 一男
決算期
8月
直近業績
売上高17億9800万円、営業損益900万円の赤字、経常損益1800万円の赤字、最終損益1億4900万円の赤字(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3815
企業データを見る