メディア工房、ゲームブランドOBOKAIDEMの新作『PICK-XELL』を12月10日15時より配信開始へ 課金型と広告型のハイブリッド型収益モデル


メディア工房<3815>のゲームブランドOBOKAIDEMは、新感覚プチプチ系採掘アクションゲーム『PICK-XELL』を12月10日15時より、AppStore、GooglePlayにて配信開始することを発表した。なお、収益形態は課金型および広告型のハイブリッド型収益モデルとなっている。

本作は、ドット画や8bitのサウンドなどレトロゲームの雰囲気をまとい、画面の左右をタップするだけのシンプル操作が楽しい、新感覚!プチプチ系採掘アクションゲーム。ユーザーはドクロを掘らないようにミッションをクリアし、地中深く掘り進むことを目指すことになる。エンドレスモードとステージモードの2種類を選択できるなど、多様な楽しみ方ができる予定としている。


■『PICK-XELL』

ティザーサイト



© OBOKAIDEM © Glasshead 
株式会社メディア工房
https://www.mkb.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社メディア工房
設立
1997年10月
代表者
代表取締役社長 長沢 一男
決算期
8月
直近業績
売上高17億9800万円、営業損益900万円の赤字、経常損益1800万円の赤字、最終損益1億4900万円の赤字(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3815
企業データを見る