【ゲーム株概況(12/28)】アクセルマークやオルトプラス、gumiなど買い戻しが活発化 権利落ちでマイネットはS安も引け後に好材料発表

12月28日の東京株式市場では、日経平均株価は6日ぶりに反発し、前日比104.29円高の1万8873.35円で取引を終えた。前週末までの5日続落に対する見直し買いの動きから買い先行の展開となったものの、年末で手控えムードも強く、盛り上がりに欠いた動きとなった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体市場と比べると買われる銘柄が目立ち、特にここ最近下げが目立っていた銘柄の買い戻しが活発化し、アクセルマーク<3624>やアクロディア<3823>、ガーラ<4777>などが大幅高し、gumi<3903>やenish<3667>も高い。前週末に下げたオルトプラス<3672>やAiming<3911>、エイティング<3785>も反発した。

それらと比べると任天堂<7974>をはじめ、大手ゲーム株は動きが小幅にとどまっており、値動きが軽い銘柄に短期資金が向かったととらえることもできそうだ。

半面、前週末に2015年12月期の配当予想修正を受けて急騰したアエリア<3758>は、権利落ちで利益確定の売りに押されて小安い。

そのほかでは、マイネット<3928>も2015年12月期の権利落ちとなったこともあり、大幅続落となり、この日はストップ安まで売られた。ただ、本日(12月28日)の大引け後にNubee Tokyoのスマートフォンゲーム『神界のヴァルキリー』を2016年1月1日付で買収することを発表(関連記事)しており、明日はこれがどう評価されるのかも注目されるところだ。
 


■関連銘柄
アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高27億8400万円、営業損益6億5200万円の赤字、経常損益6億2300万円の赤字、最終損益8億2500万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3624
企業データを見る
株式会社マイネット
http://mynet.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社マイネット
設立
2006年7月
代表者
代表取締役社長 上原 仁
決算期
12月
直近業績
売上高115億3300万円、営業利益11億3500万円、経常利益11億1600万円、最終利益11億2900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3928
企業データを見る