ガーラ、MMORPG「フリフオンライン」の世界大会開催-優勝賞金560万円贈呈

ガーラ<4777>は、本日(6月14日)、連結子会Gala Labがオンラインゲーム「Flyff Online」で、世界大会「フリフワールドチャンピオンシップ(Flyff World Championship)」を開催する、と発表した。

オンラインゲーム「Flyff Online」は、Gala Labが開発したMMORPG。北米を中心とした英語圏、欧州言語圏、アジア・東南アジア圏など、14言語の地域で提供しており、現在、合計約3000万人のユーザーが遊んでいるという。

今回開催する大会は、ユーザーがチームを組んでゲーム内のコンテンツで順位を競うもので、日本・韓国・台湾・インドネシア・タイ・ドイツ・フランス・スペイン・アメリカ・ブラジルの計10ヵ国のユーザーが参加する。

7月1日より各国で予選を開始し、勝ち抜いたチームがその国の代表として決勝トーナメントに進み、予選とは異なるコンテンツで順位を競うことになる。決勝大会は9月24日~10月16日まで開催。

大会で優勝すると、賞金として5万ドルのほか、Gala Lab訪問費用2万ドルの合計7万ドル(560万円、1ドル=80円換算)が提供される。また準優勝チームには、2万ドル、3位チームには1万ドルが贈呈されるという。

 

フリフワールドチャンピオンシップ(FWC)

株式会社ガーラ
http://www.gala.jp/

会社情報

会社名
株式会社ガーラ
設立
1993年9月
代表者
代表取締役 グループCEO 菊川 曉
決算期
3月
直近業績
売上高3億5800万円、営業損益3億6200万円の赤字、経常損益2億9200万円の赤字、最終損益2億6600万円の赤字(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4777
企業データを見る