カヤック、配信終了を迎える『ぼくらの甲子園!熱闘編』へのメッセージをつたえる特設サイト「贈る言葉」を公開


カヤック<3904>は、『ぼくらの甲子園!熱闘編』において、6月15日にストア配信終了を迎えるにあたり、特設サイト「贈る言葉」を、本日6月1日に公開したことを発表した。


<以下、プレスリリースより>

「贈る言葉」は、本タイトルを楽しんでいただいた全国のプレイヤーの方々への感謝の気持ちを込めて、カヤックが提供するスペシャルコンテンツです。ゲームを通じて築いた、プレイヤー間の絆や思い出を形に残していただくため、このたび公開する運びとなりました。「〇〇高校のみんなへ」や「〇〇へ」など、ゲーム内で共に戦った、他のプレイヤーに宛てて、プレイヤー同士の思い出や、感謝の言葉など、想いを込めたメッセージを投稿することができます。高校野球をテーマにした本タイトルらしく、サイト全体を教室の黒板をモチーフとして表現しています。
 
「ぼくらの甲子園!熱闘編」は、シリーズ累計600万ダウンロードを超す「ぼくらの甲子園!」シリーズの2作目として、2012年に配信を開始しました。プレイヤーは1人の高校球児となり、同じチームのメンバー達と切磋琢磨しながら甲子園出場、全国4000校の中から優勝を目指します。キャラクター育成や、ミニゲームなどのやりこみ要素から、プレイヤーの熱い支持をいただき、配信開始以来、4年にわたり展開してまいりましたが、このたび6月15日(水)をもってストア配信を終了する運びとなりました。


「ぼくらの甲子園!熱闘編」 特設サイト 贈る言葉
http://www.kayac.com/service/socialgame/baseball-nettou/okurukotoba/


■関連サイト
 

公式サイト

株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高87億4900万円、営業利益7億4400万円、経常利益7億4000万円、最終利益5億500万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3904
企業データを見る