ユナイテッド、DSP「Bypass」の「セグメントID自動連携機能」でCyberZのスマホアプリ向け広告効果測定ツール「F.O.X」との連携を開始

ユナイテッド<2497>は、提供するDSP「Bypass」でリテンション広告を実施するアプリ広告主向けに提供している「セグメントID自動連携機能」において、CyberZの提供するスマートフォンアプリ向け広告効果測定ツール「F.O.X(Force Operation X)」を新たな連携パートナーとして追加したことを発表した。

今回の「F.O.X」との連携により、「Bypass」リテンション広告でターゲティングしたいオーディエンスの広告識別子を自動でセグメント化することができる。「F.O.X」を利用されているアプリ広告主の、リテンション広告における工数の削減、PDCAの高速化、広告効果の最大化を実現する。
 

Bypassでは今後も新たな機能の開発/強化に努めて広告効果の向上に取り組み、アプリ広告主様の多様なマーケティング戦略をサポートしていくとしている。

(※) DSP(Demand Side Platform)
設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。
 
ユナイテッド株式会社
http://united.jp/

会社情報

会社名
ユナイテッド株式会社
設立
1998年2月
代表者
代表取締役社長兼執行役員 早川 与規
決算期
3月
直近業績
売上高163億3800万円、営業利益56億600万円、経常利益56億4500万円、最終利益37億2800万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
2497
企業データを見る
株式会社CyberZ
https://cyber-z.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社CyberZ
設立
2009年4月
代表者
山内 隆裕
決算期
9月
上場区分
未上場
企業データを見る