東映アニメ、『円環のパンデミカ -code S-』のサービスを2016年10月31日をもって終了


東映アニメーション<4816>は、『円環のパンデミカ -code S-』のサービスを2016年10月31日をもって終了することを発表した。

本作は、謎の新種ウイルスで凶暴化した感染者(リーパー)たちによって世界の大半を奪われてしまった“現代”を舞台に、増え続ける感染者たちから身を守りながら、絶望の連鎖を断ち切る「希望」を探し求めるクエスト探索型RPG。2014年7月よりサービスを開始しており、サービス開始から約2年3ヶ月でのサービス終了となる。

なお、サービスの終了に伴い、アプリ内専用通貨「セラピジェム」の販売は2016年10月10日18時をもって終了する。


© 東映アニメーション
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高570億2000万円、営業利益181億0700万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る