【ゲーム株概況(10/26)】子会社の新作で好材料相次ぐアエリアが一時1600円台乗せ 大和がレーティング「1」でカバレッジのブロッコリーも高い

10月26日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら3日続伸し、前日比26.59円高の1万7391.84円で取引を終えた。朝方は軟調なスタートとなったものの、日銀によるETF(上場投資信託)買いへの思惑を背景に後場に入ってプラス圏に浮上した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アエリア<3758>が一時1600円台に乗せる場面もあるなど大幅高した。アエリアは、10月25日に子会社リベル・エンタテインメントが24日から事前登録を受付を開始した新作イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』の事前登録者数が早くも1万人を突破したこと、同じく10月25日に子会社のソアラボが本格的三国志アクションRPG『戦乱の烽火(せんらんのほうか) ~三国志英雄戦記~』を配信開始したことが株価の刺激材料となったようだ。

■関連記事
リベル、イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』の事前登録者数が初日で1万人を突破! ダイヤ10個の追加プレゼントが確定
ソアラボ、本格的三国志アクションRPG『戦乱の烽火 ~三国志英雄戦記~』のサービスを開始 期間中にインストール&プレイで3000元宝GET!
 
 

また、大和証券がレーティング「1」でカバレッジを開始したブロッコリー<2706>が高く、マイネット<3928>やイグニス<3689>、LINE<3938>なども買われた。

半面、メディア工房<3815>は、引き続き利益確定の売り物に押される形で大幅続落し、任天堂<7974>やカプコン<9697>など大手ゲーム株の一角がさえない。



■関連銘柄
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高205億8700万円、営業利益8億3500万円、経常利益7億2000万円、最終利益1億7200万円(2022年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3758
企業データを見る
株式会社ブロッコリー
http://www.broccoli.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブロッコリー
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 鈴木 恵喜
決算期
2月
直近業績
売上高65億6300万円、営業利益2億8300万円、経常利益3億1200万円、最終利益1億6800万円(2022年2月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2706
企業データを見る