Eガーディアン、“位置情報あげる君”の提供を開始 ビッグデータから「話題スポット」「立入禁止区域」を分析し、ARコンテンツに活用


 
イー・ガーディアンが発足したAR(拡張現実)専門部隊「チームARガーディアン」は、各地の話題スポットをデータベース化した“位置情報あげる君”の提供を開始すると発表した。

■サービスの特徴
 

◎ビッグデータを活用した効率的なスポット情報
イー・ガーディアンが2005年より培ったソーシャルリスニングの豊富なノウハウと蓄積したビッグデータを活用し本サービスを提供することで、対象地域の「話題スポット」や「立入禁止区域」をピックアップし、効率的なスポット情報の収集を可能に。

◎業界最大級のセンターを活用
イー・ガーディアンはグループで5都市9拠点を保有しており、業界でも最大級のセンターを有している。全国各地のオペレーション力をいかし、短期間で大量の画像データ収集を実現する。

◎コンテンツ審査代行の体制も万全
スポット情報を扱う上で、背景(人の写りこみ)や私有地などプライバシーの侵害や著作権の確認が重要となる。イー・ガーディアンではネットの投稿監視、広告審査代行で培ったノウハウを活用し、コンテンツを精査できる体制を整えている。

これらの強みを活かし、地域密着型のスポット情報とAR技術を組み合わせることで、有名な観光スポットのみではなく、地元の穴場スポットなど“隠れた”観光情報の提供を可能にし、地域活性化や観光誘致などにも繋げることが可能。


 

公式サイト

イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高99億3300万円、営業利益19億6800万円、経常利益20億4000万円、最終利益10億8600万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6050
企業データを見る