モバイルファクトリー、『駅メモ』など位置ゲームで2016年に実施したのO2Oイベントの実績を発表…参加人数は17万人、経済効果は15億円


モバイルファクトリー<3912>は、位置情報連動型ゲーム『駅奪取』『駅奪取 PLUS』(以下『駅奪取シリーズ』)および『ステーションメモリーズ! (略称:駅メモ!)』において、2016年に実施したO2Oイベントの実績を発表した。

モバイルファクトリーは、イベント参加人数は17万人と前年に比べ5.7倍の増加、また経済効果も15億円と参加人数に比例して前年よりも大きな効果を生み出すことができたとしている。


<以下、プレスリリースより>

■2016 年 O2O イベント実績
2015 年は 8 つのイベントを開催し、その参加人数が 2 万 9,650 人だったのに対し、2016 年は北海道
から大分まで全国各地で 11 のイベントを開催し、その参加人数は 17 万 285 人!前年に比べ、イベント
開催数も増え、参加人数は 5.7 倍となりました。



※イベント参加人数の集計方法について
・集計期間:2016 年 1 月 1 日~12 月 31 日
・2017 年以降も継続中のイベントについては、2016 年 12 月 31 日時点で集計しています。
・イベント参加人数については、駅奪取シリーズでは「イベント参加ボタン」を押したユーザー、駅メモ!ではイベント内ミッションを一つ以上クリアしたユーザーを参加者としてカウントしています。(イベントを実施したすべてのプラットフォームを対象)
・2015 年の集計データはイベント期間中にゲーム内にて対象駅の位置登録を行ったユーザーを参加者として集計しています。

■2016 年 O2O イベント経済効果
2016 年に実施した O2O イベントにおける経済効果は観光庁が発表する全国観光入込客統計データに基づいた当社試算によると約 15 億円となりました。弊社の位置情報連動型ゲームを介してユーザーの「移動」を促進し、イベント開催地域での消費活動を促進することで地域経済の活性化にも貢献しています。
※観光庁が発表する全国観光入込客統計データを元に、参加者は日帰りと仮定し(県内・県外問わず)観光消費額単価を集計しています。
(小数点以下切り捨て)
※2016 年 4 月以降に開催したイベントにおける観光消費額単価については、該当月の全国観光入込客統計データが未集計及び未発表のためすべて平成 28 年 1-3 期のデータを参照しています。
※観光入込客統計データが集計中及び観光入込客統計調査を未導入の都道府県については消費額単価を算出しておりません。
※複数の都道府県で開催したイベントについては、それぞれの都道府県において日帰り観光をしたと仮定しています。



「駅奪取 PLUS/駅奪取」
 

コロプラ


■『ステーションメモリーズ!』

App Store

Google Play

コロプラ


Copyright © Mobile Factory, Inc. All rights reserved.
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る