ガンホー、Android版地域侵攻型モンスター育成アプリ『Twimon』の提供開始

ガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765>は、本日(7月12日)、Android版Twitter連動・地域侵攻型モンスター育成アプリ『Twimon』の配信を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。「Android Market」でダウンロードすることができる。 本作は、Twitterでモンスターを育成して、位置情報で検出できる実在の建物や施設に模した「拠点」をモンスターが攻撃・制圧するゲーム。拠点を制圧すると与えられる「称号」のコレクションや、制圧するごとに育てられる80種類以上のモンスターのコンプリート、制圧で得られるポイントに基づいたランキング競争、ゲーム内の行動に応じて貰える「アチーブメント」の獲得など好みに応じた様々なプレイスタイルで楽しめる、としている。 ガンホーでは、プレイの自由度や幅を広げるスペシャルアイテムも用意しており、モンスターの体力を回復する「カイフクポーション」や、モンスターコンプリートに欠かせない「モンスター枠追加」、進化して変身したモンスターの姿形が好みでなかった場合に元に戻せる「レベルダウンミルク」などを提供する、とのこと。 また、「Android版」の開始に伴い、日本各地の振興と活性化を目指す「地域侵攻型日本振興計画」も開始。これは、日本各地の人気の「ゆるキャラ」たちを『Twimon』内に登場させることで、日本各地を盛り上げようとするプロジェクトだ。6月に第一弾として北海道長万部町の「まんべくん」が登場し、今後も、富山県高岡市の「利長くん」などが登場する予定。 なお、「ゆるキャラ」をゲーム内で入手するには、ご当地でプレイするか、ご当地のユーザーとTwitter上でフォロー関係を結ぶ必要がある。ガンホーでは、「人と人とのつながりや絆を深め、新たな発見など見識を深める機会として、地域との交流をお楽しみください。」としている。      『Twimon』 (「Android Market」)   ©GungHo Online Entertainment,Inc.
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る