ベクター、B.LEAGUE公認スポーツゲーム『B.LEAGUE ドリームアリーナ』のゲーム化権を取得 テコテックとの共同企画 2017年春公開へ


ベクター<2656>は、4月6日、B.MARKETINGと業務提携を結び、B.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)公認スポーツゲーム『B.LEAGUE ドリームアリーナ』のゲーム化権を取得したことを発表した。

本作は、バスケットボールを題材としたゲームに実績のあるテコテックとの共同企画にて開発を進めており、2017年春の公開を予定している。所属するすべての現役選手200名以上が実写・実名で登場し、現役選手はもちろん、引退したレジェンド選手も登場する予定だ。プレイヤーはヘッドコーチとなって、全国各地に遠征し、有力選手をチームに招いて強化、B.LEAGUEの頂点を目指すことになる。

<『B.LEAGUE ドリームアリーナ』とは>
タイトル名:B.LEAGUE ドリームアリーナ
プラットフォーム:iOS/Android
ジャンル:ソーシャルスポーツゲーム
料金:基本無料(アイテム課金有)
サービス開始時期:2017年春


(c)JAPAN PROFESSIONAL BASKETBALL LEAGUE All RIGHTS RESERVED.
(c)Vector Inc. / Planning by TECOTEC INC.
株式会社ベクター
http://ir.vector.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ベクター
設立
1989年2月
代表者
梶並 伸博
決算期
3月
直近業績
営業収益17億9700万円、営業損益3100万円の赤字、経常損益2000万円の赤字、最終損益2900万円の赤字(15年3月期)
上場区分
ジャスダック
証券コード
2656
企業データを見る
株式会社テコテック
https://www.tecotec.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社テコテック
設立
2007年12月
代表者
代表取締役 釣崎 宏
企業データを見る