ネクソン、韓国CARBON EYEDのアクションRPG『Gigant Shock(仮称)』の日本配信を決定! 最大3人でのリアルタイムマルチプレイも

ネクソン<3659>は、5月19日、韓国のCARBON EYEDが開発を手掛けるモバイルゲーム『Gigant Shock(仮称)』の日本における配信を決定したことを発表した。配信開始時期は未定。

CARBON EYEDは、Eyedentity Gamesの元CEOで、かつNHN EntertainmentおよびNHN USAの代表取締役社長としてその成長をリードしたイ・ウンサン氏が2014年に創業したゲーム開発会社で、LINEの大人気ゲームである『LINE POP』を主導した有力なゲーム開発者をはじめとする、才能豊かなメンバーが揃っている。

今回配信が決定した『Gigant Shock』は、多様なスキルを持つキャラクターを使い、戦略的にパーティを構成して巨大なモンスターを攻略するアクションRPG。シンプルな操作性ながら、プレイヤー自身が操作をすることで熟練度が上がり、爽快感を味わえる仕様となっており、幅広い層が楽しむことができる。シングルプレイモードとPVPモードに加え、最大3人でのリアルタイムマルチプレイが可能で、協力プレイを存分に楽しめる、従来のモバイルゲームとは差別化された体験を届けるという。
 
 

▼ネクソン モバイル事業本部 本部長 金 起漢氏コメント
「この度、Carbon Eyedと協業し、『Gigant Shock』が提供するオリジナリティ溢れるゲーム体験を、日本のプレイヤーの皆様にお届けできることを喜ばしく思います。素晴らしいマネジメント及び開発チームが率いる同社と、密に連携してまいります」

▼Carbon Eyed CEO兼創業者 イ・ウンサン氏コメント
「ゲームの長期運用を強みとするネクソンを通じて、当社の新作モバイルゲーム『Gigant Shock』を日本のプレイヤーの皆様にお届けできることを楽しみにしております。面白さを追求したコンテンツの提供に向け、開発を進めてまいります」

【関連記事】
【インタビュー】「目先の売上でなく新しさと楽しさを追求したい」 『ドラゴンネスト』開発者Chris Lee氏が設立したCARBON EYEDの戦略に迫る

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益3537億1400万円、営業利益1036億9600万円、最終利益1003億3900万円(2022年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る