オルトプラス、スマホアプリ開発者向け統合セキュリティソリューション「DxShield」がGPSの位置情報の偽装を防止する機能に対応

オルトプラス<3672>は、スマートフォンアプリケーション開発者向けの統合セキュリティソリューション「DxShield」のVer4.3.0にて、GPSの位置情報の偽装を防止する機能に対応したことを発表した。

<新機能搭載の背景>
GPSは、準天頂衛星「みちびき2号」など新しい衛星の稼働による位置情報の高精度化により、従来のGPSの利用用途だけではなく、車やトラクター、ドローンなどの自動運転技術向上による無人化や、スポーツやヘルスケア分野での活用など様々な用途で期待されている。

そうした中、FakeGPSと呼ばれる位置情報の偽装による、アプリケーションの不正利用が問題視されている。このような位置情報が重要な要素となるゲームやサービスにおいて、様々な手法を用いて位置情報を偽装する不正行為は、アプリケーションやサービスの利用に深刻な影響をあたえ、ゲームを楽しむユーザー間のゲームバランスを壊すなど悩ましい問題を引き起こしてきた。

<FakeGPS対策機能について>
同社では、このようなGPSの位置情報の偽装に対して決定打とも言える「FakeGPS対策機能」を新たに搭載した「DxShield」Ver4.3.0の提供を開始した。FakeGPS対策機能は、GPS情報を利用するゲームやアプリケーションにおいて不正な手法でGPS情報を偽装しようとする行為を検出し、即時アプリケーションの実行を中断させることが可能な機能となる。

GPS情報を偽装する手法は多岐にわたるが、「DxShield」ではそれらの手法に対して様々な方式により対応することで、従来防ぐことができなかった高度な位置情報の偽装も見つけることが可能だ。

また、検出した不正行為は、「DxShield」がもつ他のセキュリティ機能と同様にリアルタイムに情報収集され、発生地域や発生端末の情報などの統計情報をコンソールで閲覧することが可能となっている。

「DxShield」



 
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る