コロプラ、任天堂との特許紛争について『白猫プロジェクト』公式サイトでコメント 「サービスは終了しない」「どのような結果でも仕様変更などで継続」



コロプラ<3668>は、この日(1月12日)、『白猫プロジェクト』公式サイトで、任天堂<7974>からの訴訟に関して、ユーザーから応援メッセージを多く受け取っていることに感謝を示しつつ、今回の件でサービスを終了するということはないとのコメントを掲載した。そして、「特許侵害の事実は一切ない」とあらためて表明するとともに、訴訟がどのような結果になっても仕様変更など通じてサービスを継続していく、との考えを示した。

 
いつも白猫プロジェクトをお楽しみいただき、ありがとうございます。

このたびの訴訟提起により、皆さまには多大なるご心配をおかけしております。現在、白猫プロジェクトに対する多くの応援メッセージをいただいており、運営一同感謝の思いでいっぱいです。深く御礼申し上げます。あわせて不安の声もいただいているので、改めてお知らせをさせていただきます。

今回の件が影響し、白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません。コロプラとしては、特許侵害の事実は一切ないものと確信しておりますが、訴訟がたとえどのような結果になっても仕様変更等を通じて、サービスを継続してまいります。今後もお客様のことを第一に全力で開発・改善に努めてまいりますので、変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。


 

お客様への感謝とお知らせ
(公式サイト)

株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高325億4100万円、営業利益43億1000万円、経常利益57億3200万円、最終利益24億1400万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る