​セレス、イーサリアムのブロックチェーンを活用したスマホ向けゲーム『くりぷ豚(トン)』をグッドラックスリーと共同で今春リリースへ


セレス<3696>は、本日(4月27日)、グッドラックスリーと共同で、イーサリアムのブロックチェーンを活用したスマートフォン向けゲーム『くりぷ豚(トン)』を2018年春にリリース予定であることを発表した。

本作は、ユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、ユーザー間での売買が可能となっている。最大の特長はDappsにてゲームを構築している点で、仮想通貨のイーサリアム上のブロックチェーンを使ったオンラインゲームとなっている。登場する「くりぷトン」は、組合せにより3京6,000兆通りにものぼり、高いコレクション性を誇る。なお、『くりぷ豚』はスマートフォン(アプリおよびウェブ)にてサービス提供を予定している。

グッドラックスリーは、累計350万ダウンロードを突破した「さわって!ぐでたま」シリーズや、ハウステンボスとの共同開発した『エアリアルレジェンズ』などのスマートフォン向けアプリ開発を行っている。直近では、ブロックチェーンを活用したメディアプラットフォーム「LuckyMe」の開発を進めるなど、新たにブロックチェーン領域のサービス開発にも注力している。

『くりぷ豚』の運営を通じ、グッドラックスリーの持つオンラインゲームの企画・開発力と、セレスの持つ仮想通貨・ブロックチェーン関連のノウハウおよび、累計1,000万人以上のポイントサイト会員情報などを活用することにより、今後拡大が見込まれるブロックチェーンゲーム市場への早期の参入を行う方針だ。 

 


 
株式会社グッドラックスリー
http://www.gl-inc.jp/

会社情報

会社名
株式会社グッドラックスリー
設立
2013年5月
代表者
代表取締役 井上 和久
企業データを見る