コーエーテクモゲームスとライセンス契約して開発された『新三國志 Mobile』が韓国で好スタート…App Storeセールスランキングで7位に登場!



コーエーテクモゲームスがライセンス供与を行って開発・運営された『新三國志 Mobile』が韓国市場でも好スタートを見せている。昨日(5月17日)にリリースされたばかりだが、5月18日11時現在、韓国App Storeのセールスランキングで早くも7位に入ってきた。一時、TOP5に入る場面もあったようだ。

 


本作は、コーエーテクモゲームスのシミュレーションゲーム『三國志 11』をベースとして、コーエーテクモゲームスとライセンス契約を締結した、上海天戯互娯科技株式会社(Shanghai TCI entertainment technology)と四川天上友嘉網絡科技有限会社が開発し、阿里遊戯および黑胡子遊戯が運営している。

『新三國志 Mobile』は、中国本土では『三國志 2017』というタイトルで8月30日に、台湾、香港、マカオでは『新三國志手機版』というタイトルで2017年11月16日に、さらにマレーシア、シンガポールでは同じく『新三國志手機版』というタイトルで1月22日に配信開始となり、人気タイトルとなっている。
株式会社コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社コーエーテクモゲームス
設立
1978年7月
代表者
代表取締役会長(CEO) 襟川 陽一/代表取締役社長(COO) 鯉沼 久史
決算期
3月
直近業績
売上高524億4300万円、経常利益363億8300万円、最終利益275億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る