KONAMI、2018年3月期の最終利益は31.3%増の213億円と大幅増益 『パワプロ』『プロスピA』『遊戯王』『ウイイレ』などスマホゲームを配信

コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、本日(5月31日)付の『官報』に第13期(2018年3月期)の決算公告を掲載し、最終利益が213億4600万円だったことを明らかにした。前の期の実績(162億5000万円)に比べて31.3%増と大幅な伸びとなった。

同社は、家庭用ゲームソフト大手で、コナミホールディングスの中核企業。家庭用ゲームソフトからソーシャルゲーム、スマートフォンアプリ、トレーディングカードゲームまで幅広く手がけている。

 


モバイルゲームでは『ときめきアイドル』(3月配信)と『クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム』(2月配信)の2タイトルを配信開始し、『実況パワフルプロ野球』『プロ野球スピリッツA』『遊戯王 デュエルリンクス』『ウイニングイレブン 2018』(海外名『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』)などの運営を行っている。

カードゲームでは「遊戯王トレーディングカードゲーム」を引き続きグローバルに展開し、2019年で20周年を迎える同カードゲームの記念プロジェクトを開始した。家庭用ゲームではメタルギアシリーズのスピンオフタイトル『METAL GEAR SURVIVE』を2018年2月に発売した。

このほか、eスポーツの取り組みとして『ウイニングイレブン2018』(海外名『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』)の世界選手権「PES LEAGUE WORLD TOUR 2018」の予選を開催している。
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
代表取締役会長 東尾 公彦/代表取締役社長 早川 英樹
決算期
3月
直近業績
売上高1956億2200万円、税引前利益648億4800万円、最終利益435億5600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る