【速報】ミクシィ、1Qは主力のエンタメ事業、ライフスタイル事業ともに減収減益に エンタメ事業は売上高27%減、セグメント利益37%減に

ミクシィ<2121>は、8月9日、2019年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高345億円(前年同期比28.3%減)、営業利益110億円(同45.4%減)、経常利益110億円(同45.2%減)、最終利益72億円(同46.8%減)となった。
 

各セグメント別の状況は以下の通り。

①エンターテインメント事業…売上高327億円(前年同期比27.3%減)、セグメント利益131億円(同37.4%減)
国内外で、TVCMや屋外広告等のプロモーション、eスポーツ促進を含むリアルイベントの実施、グッズの製作、映画や人気アニメとのタイアップ、オリジナルアニメの配信などに加え、グッズ販売などを行う常設店舗を東京・渋谷店に加え、新たに大阪・心斎橋にオープンした。また、ゲーム利用者数は2018年3月には全世界で4,500万人を突破した。

サービスのライフタイムの長期化を目指し、アプリ内外でのユーザー還元の実施、映像・ソフトウェアの充実、マーチャンダイジングなどのゲーム以外の領域の確立、新規タイトルなどの開発を行った。

②ライフスタイル事業…売上高18億円(前年同期比43.0%減)、セグメント損益4億円の赤字(前年同期8億円の赤字)
家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」は、2018年7月には利用者が300万人を突破した。また、サロンスタッフ直接予約アプリ「minimo」、同年6月に累計300万ダウンロードを突破した。新規事業の立ち上げを加速すべく先行投資を実施した。チケットフリマサービス「チケットキャンプ」は、2018年5月をもってサービス提供を終了した。

なお、2019年3月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高1750億円(前期比7.5%減)、営業利益480億円(同33.7%減)、経常利益480億円(同34.0%減)、最終利益310億円(同25.8%減)を見込む。一株当たり利益(EPS)は409.99円となっている。
 

 
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1193億1900万円、営業利益229億2800万円、経常利益230億1900万円、最終利益156億9200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2121
企業データを見る