ゲーム大手、ソーシャルゲームの比重高まる スクエニは独自PFも-8月16日付の新聞記事(1)

8月16日付の日本経済新聞朝刊は、ゲームソフト大手の業績で、モバイルソーシャルゲームへの依存度が高まっていると報じている。 報道によれば、一般のゲームソフトに比べソーシャルゲームの開発費は低額で済むことが多く、好採算なため、各社は品ぞろえを増やしているとのこと。 コーエーテクモHD<3635>の今期のソーシャルゲームの売上高は前期比3倍の35億円程度、営業利益は10億円程度になる見込み。連結営業利益(今期見通し50億円)の5分の1を占めるまでに拡大する。 また、子会社ハドソンとともに参入しているコナミ<9766>は、SNS関連事業の今期売上高は300億円程度と、全体の売上高の1割強に達する見通し。 スクウェアエニックスHD<9684>は、ネットゲーム関連事業の営業利益を前期比倍増の30億円にする計画。他社のSNSに配信する形態から自社プラットフォームでの配信も視野に入れているという。
株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る