【ゲーム株概況(10/4)】『アトリエ オンライン』好発進のコーテクHDがしっかり 新作事前登録開始のベクターも続伸 モブキャストHDは希薄化懸念で続落

10月4日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比135.34円安の2万3975.62円で取引を終えた。朝方は買いが先行したものの、日米の長期金利の上昇に加え、アジア市場の軟調な推移を嫌気し、後場に入るとマイナス圏に大きく沈んだ。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アカツキ<3932>やモバイルファクトリー<3912>、バンク・オブ・イノベーション<4393>などが散発高した。また、大手ゲームが軒並み軟調な中で、コーエーテクモHDがしっかりとなった。コーエーテクモHDは、子会社コーエーテクモゲームスがNHN PlayArtと共同で開発し、10月3日に配信開始した『アトリエ オンライン ~ブレセイルの錬金術士~』が早くもApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)でトップ30に入ってきたことが市場から評価されているようだ。

ほか、『幻想大陸エレストリア』の事前登録を開始したベクター<2656>が続伸し、『モンスターストライク』の5周年施策を次々と実施中のミクシィ<2121>も堅調に推移した。

半面、前日10月3日にモルガン・スタンレーMUFG証券を割当先とする第29回新株予約権を発行すると発表したモブキャストホールディングス<3664>は、株式の希薄化懸念から大幅続落し、gumi<3903>やLINE<3938>も売られた。

エクストリーム<6033>は、スマートフォン向け『ラングリッサー』が台湾・香港・マカオでリリースされたものの、市場は既に織り込み済みとの見方から反応薄となった。


■関連銘柄
株式会社モブキャストホールディングス
https://mobcast.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社モブキャストホールディングス
設立
2004年3月
代表者
代表取締役CEO 藪 考樹
決算期
12月
直近業績
売上高35億8700万円、営業損益3億5400万円の赤字、経常損益3億9200万円の赤字、最終損益4億4800万円の赤字(2022年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3664
企業データを見る
株式会社べクターホールディングス
https://corp.vector.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社べクターホールディングス
設立
1989年2月
代表者
代表取締役社長 渡邊 正輝/代表取締役副社長 加藤 彰宏
決算期
3月
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2656
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高784億1700万円、・営業利益391億3300万円、経常利益398億9900万円、最終利益309億3500万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る