BOI、『ミトラスフィア』が通年で寄与し18年9月期は過去最高業績 オリジナルRPG2タイトルを開発中、海外展開も強化



バンク・オブ・イノベーション<4393>が11月9日に発表した2018年9月通期の決算説明資料を公開した。売上高50億5200万円(前々期比26.3%増)、営業利益5億2700万円(同3.0倍)、経常利益5億900万円(同3.1倍)、最終利益3億6300万円(同82.5%増)となり、売上高と営業利益は過去最高を更新した。

同社では、『幻獣契約クリプトラクト』など既存タイトルの売上が減少したものの、2017年8月にリリースした『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』が通年で寄与し、全体としては26%の増収になったとした。営業利益については、増収効果に加えて、『幻獣契約クリプトラクト』の広告宣伝費の効率化を行ったことが奏功した。
 


各タイトルの売上も公開されている。『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』は売上高が268.5%増の22億9000万円と大きく伸びた。前の期(2017年9月期)は2ヶ月弱の収益寄与だったが、2018年9月期は通年で貢献することになり、同社の収益拡大のけん引役となった。
 


『幻獣契約クリプトラクト』は、売上高が16.1%減の25億2000万円だった。売上高が漸減傾向にあるものの、施策の投入や機能改善で売上の維持を図ったという。
 


なお、2019年9月期においては2タイトルのRPGタイトルの開発を行っているとのこと。年間1本程度のリリースを行いたいとしているが、品質最優先の開発を行っているため、状況によっては開発期間が長期化する可能性があるとした。
 


このほか、すでに発表となったが、中国の国営企業である上海東方明珠文化発展有限公司と『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』と『幻獣契約クリプトラクト』の中国本土での配信を前提とした、独占ライセンス契約に合意した。パブリッシャーは、Neteaseが担当する。
 
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
代表取締役社長 樋口 智裕
決算期
9月
直近業績
売上高30億6100万円、営業損益6000万円の赤字、経常損益7000万円の赤字、最終損益7400万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4393
企業データを見る