【ゲーム株概況(12/13)】ケイブが大幅続伸 アカツキやBOIなども買われる 『禍つヴァールハイト』リリース延期のKLabは小安い

12月13日の東京株式市場では、日経平均株価は続伸し、前日比213.44円高の2万1816.19円で取引を終えた。米中の貿易摩擦問題への警戒感の後退が引き続き市場の追い風となり、朝方から買い物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>が一時ストップ高となるなど大幅続伸したほか、アカツキ<3932>やエディア<3935>、マイネット<3928>、バンク・オブ・イノベーション<4393>なども高い。

また、サイバーステップ<3810>が大幅反発し、エイチーム<3662>やアクセルマーク<3624>なども買われた。

半面、ガンホー<3765>やイグニス<3689>、Aiming<3911>などがさえない。

前日12月12日に『禍つヴァールハイト』のリリースを2018年から2019年に延期すると発表したKLab<3656>も小安い。


■関連銘柄
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る