【ゲーム株概況(12/19)】enishが大幅高…初の公式オンラインストアオープンなどが材料に 新作リリースのサイバーステップは往って来いに

12月19日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比127.53円安の2万987.92円で取引を終えた。日本時間今晩に予定されている米FOMC(連邦公開市場委員会)で利上げが発表されることへの警戒感から様子見の動きが広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、enish<3667>が大幅高したほか、LINE<3938>やgumi<3903>、Aiming<3911>などが高い。enishは、初の公式オンラインストア「ちびマ!」のオープンし、『欅のキセキ』のオリジナルグッズの販売を開始(関連記事)したことも今後の収益貢献への思惑として働いているようだ。

また、ネクソン<3659>が大幅反発し、大手ゲーム株ではバンダイナムコHD<7832>やスクウェア・エニックスHD<9684>などが買われた。

半面、カヤック<3904>の下げがきつく、アカツキ<3932>やケイブ<3760>なども売られた。

前日12月18日に新作バトルアクションゲーム『暁のブレイカーズ』のスマートフォン版の配信を開始(関連記事)したサイバーステップ<3810>は一時1248円まで買われたものの、大引けにかけて値を消す展開となった。


■関連銘柄
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高40億7300万円、営業損益5億9600万円の赤字、経常損益6億4100万円の赤字、最終損益10億4400万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3667
企業データを見る