任天堂、3Qは『ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ』『スマブラ SPECIAL』が1000万本超の大ヒット! ソフトの好調がハード販売もけん引

任天堂<7974>は、1月31日、2019年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表、売上高9972億円(前年同期比16.4%増)、営業利益2200億円(同40.6%増)、経常利益2402億円(同23.5%増)、最終利益1687億円(同24.9%増)となった。
 

Nintendo Switchでは、10月に発売した『スーパー マリオパーティ』が530万本、11月に発売した『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』が1000万本、12月に発売した『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が1208万本の販売を記録する大ヒットとなり、プラットフォームの活性化に貢献した。加えて、これら以外のタイトルやソフトメーカーのタイトルも順調に販売数を伸ばし、今期におけるミリオンセラータイトル数はソフトメーカーのタイトルを含めて20タイトルとなった。

年末商戦ではソフトウェアによるハードウェア販売の大きなけん引も見られ、その結果ハードウェアの販売台数は1449万台(前年同期比19.5%増)、ソフトウェアの販売本数は9464万本(同100.9%増)となった。

一方、発売から8年目を迎えたニンテンドー3DSでは、ハードウェアの販売台数は231万台(前年同期比60.5%減)、ソフトウェアの販売本数は1108万本(同64.5%減)となった。そのほか、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」および「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が合計583万台の販売となった。

ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、主にNintendo Switchのパッケージ併売ソフトや追加コンテンツなどによる売上が順調に伸び、デジタル売上高は842億円(同95.1%増)となった。

スマートデバイスビジネスでは、9月に配信を開始した『ドラガリアロスト』も寄与し、スマートデバイス・IP関連収入などの売上高は333億円(同14.7%増)となった。

なお、2019年3月期通期の業績予想は、従来予想から変更なく、売上高1兆2000億円(前期比13.7%増)、営業利益2250億円(同26.7%増)、経常利益2300億円(同15.4%増)、最終利益1650億円(同18.2%増)の見込み。
 
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7974
企業データを見る