【ゲーム株概況(4/3)】中国政府のゲーム認可を材料にKLabと日本ファルコムが急騰 『スタリラ』グローバル版事前登録のエイチームも高い

4月3日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比207.90円高の2万1713.21円で取引を終えた。米中閣僚級協議で両国の合意が近づいていると報じられたことで、両国の貿易摩擦解消への期待が高まり、朝方から買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、KLab<3656>が朝方から急騰し、一時900円台後半まで買われる場面があった。KLabは、中国政府がゲームの認可プロセスを再開し、認可されたタイトルの中に同社の『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の簡体字版が含まれていることが市場から材料視されたようだ。

また、同様に日本ファルコム<3723>も『英雄伝説 星の軌跡』が認可されたタイトルの中に含まれていることを材料に一時1300円台まで買われた。

ほか、前日4月2日に『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-』のグローバル版の事前登録を開始したエイチーム<3662>や、ドリコム<3793>、ケイブ<3760>なども高い。

半面、ギークス<7060>の利益確定売りの流れが続き、DeNA<2432>は年初来安値を更新した。そのほか、コロプラ<3668>やアエリア<3758>、LINE<3938>などもさえない。


■関連銘柄
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3662
企業データを見る
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る
日本ファルコム株式会社
http://www.falcom.co.jp/

会社情報

会社名
日本ファルコム株式会社
設立
1981年3月
代表者
代表取締役社長 近藤 季洋
決算期
9月
直近業績
売上高24億7700万円、営業利益14億900万円、経常利益14億1800万円、最終利益10億円(2021年9月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3723
企業データを見る