セガゲームス、2019年3月期は経常損益で14億円、最終損益で59億円の赤字に デジタルゲーム分野の固定資産で61億円の減損【追記あり】

セガゲームスの2019年3月期の業績は、経常損益が14億8000万円の赤字(前の期は77億2000万円の黒字)、最終損益は59億5700万円の赤字(同60億2700万円の黒字)となり、赤字転落となった。また売上高については前の期比で0.1%増の684億円とほぼ前年並みだった。セガサミーホールディングスの開示した有価証券報告書から判明した。本業の儲けを示す営業利益については開示されていない。

セガサミーホールディングスの決算報告によると、デジタルゲーム分野では複数の新作タイトルのサービスを開始したが、想定していた評価に届かず、既存タイトルも減衰が続いたため、当初想定を大幅に下回った。また、パッケージゲーム分野は、新作タイトルの遅延などが発生したが、リピート販売が好調だったことにより、販売本数2344万本(前期は1733万本の販売)となったとのこと。本社の移転費用も重しとなったようだ。

このほか、最終損益の赤字幅が大きいが、セガゲームスとその連結子会社が保有するデジタルゲーム分野の固定資産の一部について減損損失61億0800万円を特別損失に計上したことによる。

なお、業績推移は以下のとおり。
 


(追記)
2015年4月以降、セガのアミューズメント機器販売部門が分割され、セガ・インタラクティブに承継された。2016年3月期以降、セガゲームスの売上からアミューズメント機器販売部門の売上がなくなっている。アミューズメントゲームについては、セガ・インタラクティブが事業展開を担っている。

【関連記事】
セガサミーHD、グループの再編及び新会社を設立 セガのコンシューマ部門とセガネットワークスが合併
セガ・インタラクティブ、19年3月期の売上高は過去最高の542億円 『FGO Arcade』やUFOキャッチャー新作貢献 タイトルの稼働停止と移転費用が重しに
株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る