ファンプレックス、2019年6月期の最終損益は7億5500万円の赤字…グリー系のゲーム運営会社【追記】

グリー<3632>子会社のファンプレックスは、本日(10月16日)付の「官報」に2019年6月期(第4期)の決算公告を掲載し、最終損益は7億5500万円の赤字だった。前の期は、664万円の赤字だった。株主資本が4億5100万円のマイナスで、いわゆる債務超過となっている。

同社は、スマートフォンゲームやソーシャルゲームの運営事業を展開しており、『NARUTO -ナルト- 忍コレクション 疾風乱舞』や『戦国アスカZERO』など28タイトルの運営を行っているとのこと(2019年10月現在)。


【追記】
関係者によると、投資有価証券の減損損失を計上したことが影響したとのこと。一時的な損失で大きな赤字となったが、運営タイトルが増えているように事業そのものは順調に推移しているという。

 
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高626億円、営業利益31億円、経常利益42億円、最終利益27億円(2020年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
グリーエンターテインメント株式会社
https://gree-entertainment.com/

会社情報

会社名
グリーエンターテインメント株式会社
設立
2015年10月
代表者
代表取締役社長 小竹 讃久
企業データを見る