ネクソン、365億円で買収したgloopsを1円で売却【追記】

ネクソン<3659>は、本日(12月24日)、連結子会社であるgloopsの全ての株式540株をジーアールドライブに譲渡することで基本合意し、今後正式に株式譲渡契約の締結に向けた詳細な協議を進めることを明らかにした。譲渡予定日は2月1日で、譲渡価額は1円を予定している。

同社は、2012年10月にモバイルゲーム事業戦略を加速させることを目的として、当時モバイル・ソーシャルゲーム最大手開発会社の一つであるgloopsを連結子会社とした。買収価額は365億円だった(関連記事)。

しかし、変化の激しいモバイル・ソーシャルゲーム市場に応じたゲームの開発・運用が当初の想定より困難な状況が続いていることから、安定的な収益獲得のために多くの経営資源を割く状況が今後も継続すると見込んでいるという。

また、ネクソンは、自社IP(Intellectual property)を生かし、強みであるマルチプレーヤー型オンラインゲームに経営資源を集中し、市場シェアを拡大し、持続的な成長を図るため、今回の決定に至った、としている。

譲渡先であるジーアールドライブは、『Fate/Grand Order(FGO)』や『ブレイドエクスロード』『刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火』などコンシューマ機やスマートフォン用アプリのの3DCG制作を行っている。

ネクソンでは、ジーアールドライブの高いレベルでの開発経験とゲーム開発に携わる企業との豊富なパートナーシップと、gloopsの有するゲーム開発能力とが高いシナジーを生むことができる環境が整っていると考えたという。


【追記】
gloopsは、運営していた『大戦乱!!三国志バトル』や『スカイロック』を12月1日付でマイネットに売却した(関連記事)。コーポレートサイトに掲載されているサービスは、来年1月31日にサービスが終了する予定の『ArkResona(アークレゾナ)』のほか、カジュアルゲーム『かこだま』と『とうふつみ』が残されているようである。


■gloopsの業績



■ジーアールドライブの概要
株式会社gloops
http://gloops.com/

会社情報

会社名
株式会社gloops
設立
2005年8月
代表者
李 仁
決算期
12月
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る